読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーマもアルカリカラーもメニューに無いんです!

美容室だけど、アルカリカラーもパーマも無くしちゃいました! シンプルでナチュラルに、カット✂︎と天然100%ヘナカラー🌿とインド式オイルヘッドマッサージ✨を専門にあなたの綺麗をお手伝いします。

ラウリル硫酸ナトリウムはやはり・・・⁉︎

こんばんは🌞


自然派ヘアアトリエ ラクシュミーの中村舞です。


今日も『身体に安心、安全なもの』で綺麗になりたい!と、このブログを開いたあなたへお伝えしていきますね。



【ラウリル硫酸ナトリウム】


あなたはこの言葉を聞いたことありますか?



シャンプーやボディーソープなどによく配合されている成分なので、気にされているあなたは聞いたことがあると思います。




そしてイメージも良くありませんね。


ラウリル硫酸ナトリウム以外にも、

【ラウレス硫酸ナトリウム】

というのもあるんです。


どちらも洗浄成分の『界面活性剤』なのですが、何が違うのでしょうか?

ちなみに『界面活性剤』とは、《油と水のように混じり合わない成分を均一に混ぜる働きをする物質の総称》です。


そこで、調べてみました。


http://sp.mens-skincare-univ.com/article/012194/

出展 『洗浄成分「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」の違い』


う〜〜ん、やはりデメリットが目立つような…。


いつもわたしがお伝えしていること。


『適度な脂は頭皮に必要!』


ちなみに、汚れのコトではないですよ。




たしかに、しっかりと『汚れ』を落とさなくてはいけません!

しかし、洗剤(シャンプー)で過度に洗い過ぎて必要な脂分まで落とすと、頭皮のサイクルが狂ってしまい、悪影響なのです。



例えば、もしあなたが『ヘアスタイリング剤』のワックスなどを使ったとしましょう。


その際はこのような少し洗浄力の強い『界面活性剤』の力を借りてしっかりと落とさなくてはいけません!


しかし、ワックスの汚れを落としたら肌と髪に優しい『界面活性剤』のシャンプーで洗いたいところです。



この『ラウリル硫酸ナトリウム』、発ガン性物質と言われていたりもしますが、実際のところは謎です。



情報が溢れている世の中ですから、最後はご自身で選択していかなければいけません。



わたしは、避けたい物のひとつです!


だって、今の70.80代の方が30代くらいの時の約50年前は、今みたくボディーソープやシャンプーなどが溢れていましたか?



では、今から50年後の私たちは彼等と同じ髪と頭皮の状態でしょうか?



とわたしは思ってしまうのです。


ぜひ、成分を知った上で良い悪いを判断してシャンプータイムを楽しんでくださいね。








自然派ヘアアトリエ ラクシュミー
http://lakshmi7.weebly.com/

ご予約、お問い合わせ 完全予約制

電話➡︎08091730710

メール➡︎lakshmi.abiko@gmail.com

LINE➡︎友だち追加

https://line.me/R/ti/p/@ytr4124c


Instagram➡︎https://instagram.com/lllakshmi




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村